脱毛後の肌の状態

脱毛後の肌はデリケート

脱毛後の肌というのは、毛がないつるっつるの状態。
すっきりとした肌になっています。
毛をとったらこんなにもきれいな、明るい肌になるのか…なんてびっくりするぐらいです。

この肌がきれいに見えるわけは、なにも毛がなくなっただけでの理由ではありません。
脱毛方法にもよりますが、毛と一緒に古い角質もはがしてくれる働きもあるからです。
それが肌をきれいに見せてくれているのです。

ただ、毛穴が広がっているので細菌などに感染しやすい状態にもなっているといえます。
しかも、脱毛した後の肌というのはダメージを受けていつも以上に刺激に対して敏感になっています。

これはどんなに肌に優しいといわれている脱毛方法でも言えることです。
脱毛という行為は、少なからず肌に負担を掛けるのです。
このダメージの大なり小はその脱毛方法にもよりますが、個人の肌の強さなども関係してくるので一概にいうことはできません。

250

そういったこともあり、サロンなどでは脱毛後のケアとして保湿剤などを渡すところもあるようです。
赤みや腫れ、かゆみなどが出てくることもありますが、大体が2~3日のうちに落ち着いてきます。

とにかく外部からの刺激に弱くなっていますから、いつもなら平気なことも、脱毛後には危険な事になることも多々あるのです。

脱毛する前もそうですが、脱毛後も日焼けには十分な注意をしなければいけません。
脱毛後の日焼けがシミを作る原因にもなるのです。
また、数日間は湯船に浸かることも禁止となります。
あくまでもシャワーだけにとどめておき、洗う際も優しく負担をかけないようにしなくてはいけないのです。

ほかにも肌を守る為に気をつけなくてはいけないことはたくさん。
それらを知らずに脱毛をおこなってしまうと、その後のケアを怠り大変な状態へとしてしまいます。
脱毛する際は、目に見えてわかりにくい場合もありますが、脱毛する事で肌は間違いなく敏感肌になっていることをしっかりと自覚しなければいけないのです。

脱毛後にまだ生えてくる毛

個々の差はあるものの、脱毛後、発毛周期にあわせて新しい毛が生えてきます。

レーザー脱毛の場合は1週間程度で生えている毛が抜けてきます。
目立つ毛も軽く引っ張ることでするっと抜けてしまいます。
前回の脱毛時には眠っていた毛を発毛周期にあわせて数回、レーザー脱毛を繰り返していくことで毛を次第に生えなくしていきます。

ワックス脱毛では毛根から毛を抜くことになるので、毛母細胞は残っていますからまた生えてきます。

表面しか切り取らないカミソリでは、この周期ももっと長いものとなります。
そしてこれが永遠に続くのです。