レーザー脱毛後と光脱毛後の違い

レーザー脱毛と光脱毛ってどう違うの?

脱毛を人にやってもらうとなると、エステサロンや医療機関での施術となります。
脱毛といってもいろいろな手法があるわけですが、中でもよく耳にするのがレーザー脱毛光脱毛
どちらも黒い色を感知して高熱で毛母細胞を破壊し、毛を処理していきます。

呼び方が違うだけで同じような脱毛方法に見えますが、それなりの違いはあります。
選ぶ際には両者の特徴を理解した上で選ぶようにすると、後々後悔することもありません。

レーザー脱毛と光脱毛の違いを簡単にいうと、出力の数値が違うということです。
レーザー脱毛は医療機関でおこなう医療用の脱毛機器であり、その出力は大きく設定されています。
光脱毛はエステサロンで取り扱われる脱毛機器で、その出力は低く設定されています。

この出力の違いは、脱毛にかかる期間の差にもなります。
出力が高いほうが脱毛も効率的におこなえますが、低いと効率が悪く、すなわち光脱毛においてはレーザー脱毛よりも時間がかかってしまうというデメリットがでてきてしまうのです。

「それだったら、レーザー脱毛のほうがいいじゃん」と思われるかもしれませんが、レーザー脱毛にもデメリットはあります。
それは、施術中に感じる痛みです。
個人差はあるものの、光脱毛のほうがレーザー脱毛よりも痛みを感じることが少ないようなのです。

では、料金のほうはどうなのでしょうか?

一般的に医療機関でおこなうレーザー脱毛のほうが高くなっています。
光脱毛のほうが費用も安くなるのでが、なにぶん出力が弱いので1回あたりの効果が劣るということもあり、回数が多くなりがちなのが光脱毛です。
となると、トータル的には変わらないなんてことにもなりかねないので、これは一概にいうのは難しいといえます。

あえて違いをあげるとすると、効率的にささっとおこなうには医療機関でおこなうレーザー脱毛。
ゆっくりとでもいいので、痛みを押さえてやるならエステサロンでの光脱毛・・といったところでしょうか。

脱毛後のケア

レーザー脱毛も光脱毛も、脱毛した部位をよく冷やし清潔に保つことが大切なケアとなります。
施術後に不衛生な状態にしてしまうと、雑菌などが付いて毛膿炎を引き起こすこともあるからです。

施術後には、毛穴に残った熱を冷たいシャワーや冷やしタオルなどでクールダウン。
石鹸などを使うと逆に刺激となってしまうこともありますのが、よく注意して軽く洗うだけにしておきます。

他にも、制汗剤やホルモン剤などの使用も不可。
激しいスポーツや海水浴、温泉、プールなども控えるようにしなければいけません。

大抵は施術をおこなった医療機関やエステサロンから、なんらかの説明がされるはずですから、そこで聞いた話をしっかりと守ると間違いはありません。