埋没毛の処理

皮膚に閉じ込めらた埋没毛

せっかくきれいに脱毛しても、伸びてくる毛。
それがきれいにぴょこんと伸びてくるのならまだいいのですが、なかには皮膚の中に閉じ込められながらもぐにゃっと伸び続ける毛も…。
これは埋没毛というもので、本来なら皮膚の上に伸びてくるものが、皮膚の下で成長してしまう毛をいいます。

この埋没毛ができる原因としては、脱毛の自己処理の失敗が一番となっています。
深剃り、逆剃り、一気に引き抜いたり強く引っ張ったりと…その際の衝撃で皮膚が傷つき毛穴がふさがってしまうのです。
引き抜くタイプの脱毛機器引っ張るタイプのワックス処理などで多く見られます。

毛を抜こうとした際に、毛根から抜けずに途中でぶちっと切れてしまった、もしくは毛根がしっかりと抜き折られたことが原因となるわけですが、
毛穴がしっかりとふさがった後に毛が再生しはじめ、それがそのまま皮膚の中で育っていく。
もしくは毛の先端が、毛穴以外のところに見事はまり、そのまま通っていってしまう…なんてことで表面にでてこれなくなるのです。

ただでさえ伸びてくる毛はイラッとくるのに、皮膚の下に黒々と伸びていたら…さらに不愉快。
遠目では黒くポツポツと、ざらざらした印象を与えるだけに見た目も最悪。
しかも、埋没した毛が原因で皮膚に炎症をおこして赤く腫れることもあるというのですから、下手に手を出せばさらに悪化させかねないのです。

この埋没毛を予防するためには、脱毛後に十分な保湿をおこなうことが大事
スクラブでマッサージしながら古い角質を落とすようにするのも○。

出来てしまったら、ピーリング効果のあるローションでやさしくケアする方法もありますが、一番確実なのはレーザー脱毛で取り除く事。
レーザー脱毛は毛根部からしっかりとおこなう脱毛方法ですから、埋没毛を起こしにくいのです。
専門機関で行うので費用や通院の面で大変ですが、処理としては一番確実です。

埋没毛は無理矢理に処理しようとすると肌を大きく傷つけることになりますので、これは避けたいもの。
消毒した針などでほじくりだす人もいますが、切開してしまうと雑菌が浸入しやすくなり炎症の元に。
また、シミになる可能性も大。
放置しておくことで自然に治っていきますが、色素が沈着して黒ずみになることもあり、まさに自分で最悪の状態にしてしまっています。
傷を作って肌にダメージを与えるぐらいなら、無理に出さないほうが無難なのです。

どうしても気になる場合は、レーザー脱毛もしくは脱毛クリームや除毛クリームなどで、無理に力を掛けて取り出さない脱毛方法で気長におこなようにします。